オリジナルのフレンチプレス抽出でコーヒーを頂く

 

私は、フレンチプレスで淹れたコーヒーを飲むのが好きなのですが、フレンチプレスは、ペーパードリップに比べて後片付けに手間がかかります。

特にフレンチプレスの金属フィルター部を分解して清掃する際に手間だと感じます。

後片付けに手間が掛かるとは言え、ペーパードリップではあまり味わえないコーヒーオイルの味をフレンチプレスでは堪能できる為、フレンチプレスと同等の味で後片付けに手間が掛からない器具は無いかと探していました。

ステンレスメッシュのペーパーレスドリッパーを使用して淹れる方法もありますが、ペーパードリッパーと同じ淹れ方の為、お湯の注ぎ方によって味に差が出てしまいます。

その点フレンチプレスは、豆の量、湯量、蒸らし時間を常に同じにすれば、安定した味になります。

後片付けの手間と安定した味を考えながら代用品を探していたところ、ステンレスの茶漉し付きティーポットが代用できそうだと気づきました。

ティーポットも色々な種類がありますが、選定する際に注意したのは、テンレスの茶漉がティーポットの底面に近いことと、ノズルが無いことでした。

この注意点を満したティーポットがハリオ製の茶茶急須でした。

この茶茶急須は、ガラス製で淹れたコーヒーの味に影響が少なく、当初の目的であった後片付けの手間が掛からない事と安定した味の両方を満足させてくれました。

今では、フレンチプレスを使う事はなく、茶茶急須で美味しいコーヒーを淹れています。

コーヒーにはいろんな抽出方法や決まりごとがあるかもしれませんが、自分自身が一番おいしいと思う方法で淹れてみるのも楽しみ方の一つだと思います。

いろんなコーヒーを楽しむためには冒険も一つ様ですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です