ブレンド好き必見!私が飲み比べて美味しかったコーヒーショップ

皆さんはどんな種類のコーヒーが好きですか?コーヒーにはいろんな品種がありますが、大きく2つに分けると、ストレートコーヒーとブレンドコーヒーです。ストレートコーヒーは一つの品種を楽しむ飲み方でブレンドコーヒーは複数品種を混ぜて一つの味を作ります。

私はこのブレンドコーヒーが大好きです。それはブレンドコーヒー特有の味の複雑さとお店のオリジナリティや考え方を感じることができるからです。いろんなコーヒーを飲み続けていると、豆の違いもわかってくるのでブレンドされている豆の比率を気にするようになります。

コーヒーは産地や豆の種類によって、酸味が強かったりこくが強かったりと特徴があります。商品パッケージに記載してある豆の特徴がわかってきたら、コーヒー専門店でブレンドされていない単体の豆を購入して飲んでみるのもおすすめです。

ここまで来たら上級者になっていますので、挽く前の豆を購入して機械ではなく手で豆を挽いて香りを楽しみ、自分のオリジナルでそれぞれの豆の配分を決めてサイフォンなどでコーヒーを入れて味わいたくなるはずです。

自分のオリジナルブレンドを作ることは、上級者としてのコーヒーの楽しみ方です。

いろんなブレンドコーヒーを飲んで来て美味しいな!と感じたコーヒーショップが柿田川珈琲でした。こちらのお店は特に深煎りの焙煎技術がかなりレベルが高いと思います。送料無料の飲み比べセットはこちらが参考になりました。

ぜひ、チェックしてみてください。ネットでコーヒーを探すのは面白いからやめられない。

ハンドドリップ抽出で美味しコーヒーを淹れるポイント

コーヒーをハンドドリップで淹れて自宅で楽しむということが、最近では広まってきているような気がしています。コーヒー豆の焙煎店が多くオープンしており、そういったところからも人気を感じることができます。

ハンドドリップは誰でも簡単な道具で淹れることができ、気軽に楽しむことができます。

そこでハンドドリップで失敗してしまう最後の工程の話をします。それは、ハンドドリップでドリッパーにお湯を落としていき、ドリッパーに溜まったお湯を全てコーヒーカップに落としてしまうという失敗です。これは非常に初心者の方はやりがちな大失敗なのです。

何がいけないのか?それは、最後まで落としきると雑味までもが全てカップの中に落ちるのです。この雑味は、コーヒーの味を一気に落としてしまう要因であり、なるべく雑味を入れないようにすることが、美味しいコーヒーを淹れるコツなのです。

その方法は、非常に簡単です。ドリッパーのお湯がカップに落ちきる前に、捨ててしまうこと!ただこれだけのことなのです。これだけで、ハンドドリップで淹れたコーヒーの味は格段に美味しくなるのです。

せっかくドリッパーに淹れたお湯を捨てるなんて、勿体ないと思うかもしれませんが、それを落としてしまうことの方が、よっぽど勿体ないと思ってください。

今まで、これをやってしまっていた方は是非お試しください!